« CAAD10 5 105 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その24 »

CAAD10 インプレww

はい、昨日に引き続き自転車のお話ww

初心者にしては無謀にも、新車嬉しさから未体験ゾーンの100kmライドに挑戦してしまいました(^^;

今迄の最高は80kmでしたし、それも終盤坂道が続いたこともあって、最後の15km位はもうエネルギー切れで、へろへろ状態だったにも係らずの挑戦ww

結果的には走り切ることは出来ましたが、約25kmを一区切りにしての工程、最後の25kmは前回と同じくパワーダウンでへろへろにへばってしまいました(^^;

ま、帰路は向かい風が結構あったのも要因かと思うのですが、体力を考えてのペース配分をもっと勉強しないといけないなと身を持って感じました(^^ゞ

写真は一応帰路のびわ湖湖岸での1ショット。まだ、パワーが切れる前でしたねww
先日の台風の影響の名残なのか、湖面には浮遊物が一杯(^^;

さてと、Cannondale CAAD10についてのインプレッションですが、今更初心者の私が書くまでも無く、いろんなところで絶賛の書き込みを読むことができますが、一応私なりのことをww

今迄乗っていたクロスバイク(ROMA2)と比較するのも問題あるんでしょうけど、比較する対象はどうしてもねww

先ず、路面からの振動吸収は格段の差でして、タイヤが28c→23cと細くなり、エアーボリュームも当然減っていることから、幾ら振動吸収が良いとは言え、もっと伝わってくるものだと覚悟していましたが、これは本当にすばらしいですね、なんとも快適に感じました。

荒れた路面からのハンドルへ伝わる振動、それと同時に車輪が暴れると言うか、細かくタイヤが跳ねている?見たいな感触がROMA2の時には感じられたのですが、CAAD10の場合、兎に角振動はもちろんあるものの、尖がった部分を上手く解消してくれている感じ、それと車輪が荒れた路面でも路面に極力追従してくれている感触があって、ペダルを漕いでいてパワーロスが少ないと感じました。
フロントフォークはカーボンになってますから、直接比較するのは酷でしょうが、残りのフレームはすべてアルミですからねぇ。リア周りのエンジニアリングは素晴らしいですよ。まるでサスペンションでもあるかのような振動の差です(^^)

あと、走り出しやクルージングスピードから踏み込んで加速するときの反応の良さも格段に違います。CAAD10と比較すると、ROMA2の場合はクルージング速度まで上げるのにもったりとして、時間が掛かりましたし、自転車通行可の歩道を並走で塞いでいるママチャリをやり過ごすのに、一旦車道に出て加速する際も、ポンコツエンジンのあがきに俊敏に反応してくれます。何やら、自分のスキルが上がったかのような、嬉しい反応でありますよww

次に感じたのはハンドリングが凄く素直で、切れ込みは早いものの、回り込み過ぎる事無く結構イメージに近いライン取りができること。ままっ、コンフォート系のクロスバイクと比較すると、車軸間のディメンジョンからして違うので、これがレーシーなフレームとの差ってこともあるんでしょうけど、実感できたことでした。

逆にちと辛いのは、ポジションに慣れていないかつ自分のポジションが定まってないってのもあるのでしょうが、サドルはお尻が痛くなりました(^^;
レース寄りのサドルなんでしょうねぇ。ここんところはもう少し乗って見て、合わない様であれば、新サドルを考えないといけないかもww

何はともあれ、これから付き合い方を知っていかなきゃですね(^^)

|

« CAAD10 5 105 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その24 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/52786092

この記事へのトラックバック一覧です: CAAD10 インプレww:

« CAAD10 5 105 | トップページ | 『天使の羽根を踏まないでっ』 その24 »