« 『your diary』 その7 | トップページ | 『your diary』 その8 »

中仙道・・・そしてタイヤ交換

さて、今週ですが中仙道を走ってきましたww多賀大社
朝は6時半頃家を出発。一旦湖岸へでて一路彦根へ。ままっ、この辺りまでは何度か来ているので特に問題も無くって感じですが、今日はそこそこの距離(自分にとってはw)走るのでペースは抑え目、25~27kmでの走り出し。

うむ、やはり負荷をあまり感じないペースってのは余裕があるみたいで、いつもの24km休憩ポイントのコンビニをやり過ごして一路彦根に入りました。滋賀県立大の信号を渡って、犬上川堤防沿いを南彦根駅前へ。駅近くのコンビニで休憩と、おにぎり1コ+水分補給を行って多賀大社へ到着。実走1時間40分位で到着しました。

途中結構そこかしこの、桜の木にはちらほらと花が咲いてる!Sakura

なんでしょうねぇ。ぐっと寒くなって、また寒さが和らいだとは言え、こんなに早く咲くものですか?

咲いている木は結構虫食いで、葉っぱが無くなっているものに思えましたし、それが原因かもしれない。よく見るとこの夏以降に伸びたと思われる葉もあったりしてww

季節もそうだけど、虫も異常に多くて坊主状態の桜も多く目にするし、咲いてる花もなんだか形も少々通常とは異なっている感じで、これも地球温暖化の影響ですかね。

兎に角、多賀大社に到着して、ヘルメットに真っ赤なサイクルジャージ+レーパンと思いっきり浮きまくった格好ながら、お参りをして中山道へと向かいます。

国道307へ出て名神高速をくぐり、再び犬上川の堤防を下って中仙道へ。
Toyosato これが中仙道かぁと思いつつ、古き時代に人々が行き交った道ってのに道路の左右を眺めつつゆっくりと走っていると、家並みが切れたと思った辺りで左手に白い建物が・・・。一旦通過したものの、なんとなく気になって戻って見ると、例のアニメの聖地と呼ばれる豊郷小学校の旧校舎でしたww
前を通るまで全く意識してなかったのですが、平日とあって聖地詣でのファン達の姿も無く(時間もあるけどw)、静かに佇んでいましたよww
随分前に前を通ったときには、もちょいと薄汚く感じましたが、手を入れたんでしょね(^^)

Douhyou01_2 その後も中山道の名残をちらほらと探しながらのポタリング。松並木があったり、一里塚(石とかなくて、ただの盛り土?みたいだったw)を見たりしながら南下。

やはり途中には道標が残っていたりしましたが、今は集落の中の普通の家の隅っこにあったりしまして、"左いせみち"とか彫られてますが、細~い何処に迷い込みに行くの?って位の道の交差点に立っていたりしてww

それにしても、中仙道を旅して目指す先ってのは、やはり京の都と伊勢神宮だったのでしょうね。

どれだけの人がこの道標を見て歩みを進めたのか、まぁそれだけ当時としては整備された道であったと思われます。

Douhyou02 もっと進んだ先にあった灯篭(?)にも、"右 京道、左 いせ ひの 八日市"なんて彫ってありましたし、京の都はともかく、伊勢詣でってのも盛んであったのでしょう。

その後暫くすると、中仙道は何度か国道8号になってしまうのですが・・・交通量が多いところで路側帯も狭く、大型トラックとか傍を通過すると風圧でふらっとするシーンも(^^;

そんなこんなで、老蘇の森、武佐の宿と通過した辺りのコンビニで休憩。

竜王ではちょっと寄り道をしてアウトレットパークを覗いたりしながら帰ってきました。

おおよそ5時間半、90kmの道のりでありました(^^)

さて、そんな感じで我がCAAD10君も乗り始めて24日経過。走行距離670kmになりました。

Caad10_1008 写真からは解りませんが、後輪のタイヤが早くも少々減ってきて、若干台形化が始まってきました。ちょっと思ったよりも早い減り方なんですけど、店で聞くと大体3000km位は持つんじゃないかとのこと。

まぁ、走っているコースが舗装に恵まれているとは決して言えなくて、ザラザラしたようなアスファルト舗装の部分が多いし、乗り手の体重とかも関与するでしょうしね(^^ゞ

坂道は殆ど走らないので、トルクの掛け過ぎではないでしょうから、先の2つの要因が大きいのではww

さて、CAAD10の標準装備のタイヤは、
 CAAD10 1 : Schwalbe Durano S, 700 x 23c, folding
 CAAD10 3 : Schwalbe Lugano, 700 x 23c, folding
 CAAD10 5 : Schwalbe Lugano, 700 x 23c, folding
でして、私のは Schwalbe Lugano。ネットで調べてみると「耐久性、コストパフォーマンス性に優れた、トレーニングに最適なモデル」らしい。まぁ、3500円程度で入手できるようで、コストパフォーマンス的にはOKってところでしょうか。

ここへ来て、今日は雨で走れないし、以前むずむずしていた、Bianchi ROMA2改造計画。28c→23c化ってのが再燃致しまして、タイヤ交換を決行することにww

Bianchi ROMA2も2012モデルでは Shimano SORA 化されたりと、良くなっているようですが、リムは相変わらず "DA-17"のままであるようです。しかし、このリムの仕様がなかなか探せなかったのですが、以前調べた時にどうやら 「WEINMANN DA17」であると当たりを付けていました。リム幅は16.9。これもネットで調べた限りでは、「タイヤ幅はリム幅の約1.4~2.4倍であることが望ましい。」ってことから勘案するに、ギリギリ23cが許容範囲ww

Pro3_race WEINMANNのサイトでも、DA17は"SIZE:700CX23C/28C"となっていますので、CAAD10のSchwalbe LuganoをROMA2へ、減った後輪のタイヤを前輪にローテーションする形で交換。CAAD10には、特にスペックに拘る気はなかったのですが、たまたま寄ったサイクルショップで在庫処分をしていた、"MICHELIN PRO3 RACE"を装着することにしました(^^)

本当は赤が欲しかったのですけど、そこは在庫処分で、6300円→3980円ですから残って居ようはずも無く、アイボリーをチョイス。

作業の方は初のタイヤ交換でいきなりの2台4本でしたが、なんとか作業終了。チェックで100m程走ろうとしたときに、ブレーキのリリースを戻すこと忘れて焦ったり(ROMA2)、様子見で空気を入れた際には大丈夫だったのに、7bar入れた後乗ろうとふと前輪を見ると、部分的にタイヤが入ってなかったり(CAAD10)とわたわたしましたが、なんとか大丈夫でしょww

雨の止み間を見てROMA2の方は25km程走ってきましたが、28c→23cの変化は結構顕著で、漕ぎ出しの加速とかはそうでもないけど、そこそこ25km以上位になってくると快適度は確実にUpしていて、速度をキープするのも楽ですし、これならもっと早くやっておけば良かったかと(^^ゞ
※ROMA2のDA-17リムへの23cタイヤ装着を推奨している訳ではありません。この記事を読んで実際交換される場合でも、自己責任でお願いします。

しかし、Schwalbe Lugano とMICHELIN PRO3 RACE で、255g → 200gの軽量化ですが、MICHELIN PRO3 RACE は持った感じペラペラで大丈夫なのか?とふと思う位ww
ネットで調べるとなかなかに評判はよろしい様で、乗るのが楽しみですよ(^^)

え?タイトル??
はい、トラブルではございませんでしたm(_"_)m

|

« 『your diary』 その7 | トップページ | 『your diary』 その8 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/52999251

この記事へのトラックバック一覧です: 中仙道・・・そしてタイヤ交換:

« 『your diary』 その7 | トップページ | 『your diary』 その8 »