« 『神聖にして侵すべからず』 その8 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その9 »

リム研磨

Sabi今日は自転車のメンテナンスで初心者なりに"これいいんじゃないの?"ってお話をww

先日初コケってことでしたが、自転車にはダメージ無いと思っていたのですが、フロントブレーキを掛けると如何にも擦ってるって音がしていました。

良く見て見ると、フロントホイールに傷が付いていて、指で触って見ると若干へこんだ部分の周囲が盛り上がっているではないですか。これじゃぁブレーキパッドを削ってるようなものですし、異音がするのも当たり前(^^;

最初はサンドペーパーで研磨することしか考え付かなくて、取り合えず近所のホームセンターへ出かけたのですが、そこで結構良さそうなものを発見ww

それが、これ中京研磨株式会社の"サビトール"!
用途にも自転車のサビ取りとか書いてありますし、サンドペーパーよりも使い勝手が良さそうだったので、そんなに大掛かりに削る必要性は考えなかったので、細目を購入ww

でもって、これ使って見ると中々に使い勝手が良かったのですよ。砥石(?)のサイズが65mmx40mmmx9mmなのですが、この厚み9mmってのが丁度リムのブレーキシューが当たるところを磨くのに良い感じなのであります。

サンドペーパーですと使いやすいサイズに切って、木片なんかに巻いて使うのですが、それだとタイヤとかリムでもデカール面とかまで削ってしまいそうですが、9mmってのがブレーキシューが当たるところを磨くのに良い幅なんですよ(^^ゞ

念のためチューブの空気を抜いて作業開始。なんといいますか、使い勝手的にはリムに消しゴムを使ってブレーキシューで黒くなっている部分を消しているような感じww
へたれエンジンのせいもあって、結構歩道の継ぎ目とか行ったり来たりするせいか、リムのエッジ部分も傷ついて居たりしましたが、空気を抜いてタイヤをつまんで押しつぶすようにし、リムエッジの毛羽立ち部分を削るにも結構作業しやすい!

小一時間も作業をすると、前後両輪ともに、凸凹だけでなくブレーキシューの黒い跡もすっかり綺麗になってリムがピカピカ!まぁ、凹み部分はそのままなので、ブレーキを掛けると少々音はしますけど、ブレーキ感覚はなかなかに良い感じに戻りましたよ(^^)

サンドペーパーとか使っても結果は同じなんでしょうけど、作業性を考えると"サビトール"お勧めですよww

|

« 『神聖にして侵すべからず』 その8 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その9 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/53506968

この記事へのトラックバック一覧です: リム研磨:

« 『神聖にして侵すべからず』 その8 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その9 »