« 『神聖にして侵すべからず』 その2 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その3 »

猿そして初コケww

Usogawa00今日はこの冬一番の冷え込み。しかし、冬用ビブタイツも用意したし、曇ってはいたものの、天気も持ちそうってことで、メタボと戦いに出発ww
せめて陽が昇ったら暖かくなろうと、8時過ぎに出発したものの、曇り空でそれも叶わず、走り出しの気温は2℃。冬用装備はそれなりに機能していて、暫く走るとそれ程寒くはないものの、やはり陽光が恋しいww
この季節気流が安定しているのか、ここ2週程熱気球が飛んでいるのを横目に、いつもの湖岸コースへ。

ちなみに、今日はデジカメを持ってのポタリングモード。1時間程走ると体は温まったものの、つま先がめちゃ冷たい!
シューズカバーは装備しているものの、この冷たさは結構堪える。装備を見直さないといけないかもww

で、湖岸のいつものコースから今日は事前にネットで得た情報を元に、宇曽川沿いの道を山に向かって進路を変える。車も少なくてなかなか快適なコース。しかし、情報を収集していないと知らず知らずコースから外れるらしいww

でも、ちゃんと情報収集していたおかげで無事宇曽川ダムへと到着。しかし、そのダムの上に到着する直前、最終コーナーを前に事件は起こった!
なんと、野生の猿(しかも、結構立派な体格をしていらっしゃる)が悠々と道を横断。ほぼ初体験に近い急坂(私にとってはw)をよろよろ登っていたのに、猿に気を取られたのがいけなかったのか、最終左コーナーのインを登っていたのが、側溝側へよろけてポテッ・・いや、ボテッと転倒(^^;
幸い、体も特に痛い場所は無く、猿もとっとと姿を消していて、無様な姿は誰にも見られず済みましたww

で、ダムの上にて休憩。左にこけたので特にCAAD10にもダメージはなし。そんなに標高のある場所ではないのですが、ダムの上からの眺望はなかなかのものです。

Eigenji00この頃(11時)には空も綺麗に晴れて、風も無く穏やかな天気でラッキーでした。しかし、その後のダウンヒル。汗が急激に冷えて寒いこと。少し走ったところの気温表示ではまだ9℃しかありませんでした(^^ゞ

さてさて、穏やかな天気に転倒のダメージもなく、調子に乗って次は目的地を永源寺へ決め走り出します。県道を走るも車が少なくてここもなかなか快適。なにやらモミジマークの車が多かったのですが、この辺りも過疎化の波が来ているんでしょうかね?でもって、無事に到着!

Eigenji01 紅葉の方はもうほぼ終了ってことで、混雑もなく、トイレ休憩と水分補給。
1本だけ綺麗に紅葉している木があったので、記念撮影。青空をバックになかなかに良い感じであります。
流石にここまで他のロード乗りさんには誰にもすれ違わず、シーズンを外してる感がここでも漂ってますねww

永源寺を出発したのがもう昼過ぎ。なにやら西風が強くなってきて若干憂鬱になるものの、ここから谷を越えたら後は概ね下り基調で近江八幡まで行けるので楽勝ww

自宅周辺でちょいと遠回りをして距離を調整しましたが、本日の走行距離100km。1時半に帰宅。約5時間。サイコンが途中でバグってくれたので実走時間は分かりませんが、今日はのんびりムードだったのでこれ位でしょww

いやいや、結構充実したポタだったなと満足していたのですが、なにやら夕方から左手首が痛くなってきました。思い当たるのは転倒だけですし、その際に傷めたんでしょうか?
現在はシップを貼って様子見ですが、腫れて来てはないので多分大丈夫でしょう。とは言え、これ打っているのも結構辛かったりするんだよね(^^;
早く復活せねば!

|

« 『神聖にして侵すべからず』 その2 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その3 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/53452117

この記事へのトラックバック一覧です: 猿そして初コケww:

« 『神聖にして侵すべからず』 その2 | トップページ | 『神聖にして侵すべからず』 その3 »