« ルート開拓・・・ありゃりゃ(^^; | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その1 »

『神聖にして侵すべからず』 その33 End

澪里神聖にして侵すべからず
 澪里ルートコンプしましたぁww

これにてフルコンプでございます(^^)

第11話「星のパレード」、エピローグ「天使にそっくり」そしてアフター「もしも君がそばにいたらなんにもいらない」と終了しまして、これにてフルコンプ。

ふむふむ、澪里シナリオ結構楽しませて頂きました。主人公が苦心して澪里の本音を引き出すプロセスも良かったですし、その前の主人公に後腐れなくと送り出す瑠波もそうですし、増してそんな主人公の思い遣りに気付く澪里ってのが、聡い娘ってだけでなく、ちゃんと物事に向かい合う勇気を持てたって感じで良いんではないでしょうかね(^^)

反面、肩透かしっぽかったのが澪里の父親かなぁ。


<念のため反転>

うむ、澪里シナリオ楽しめたのは確かなのでありますが、結局のところ澪里の父親のポジションってのは最後まで良く分かりませんでしたねぇ。特に澪里を結果的には言いくるめた様に自分の思うがままに誘導したってシーンが印象的だっただけに、結果として澪里の事を愛しているが故の考えって結果だったのか、その辺りは詳しくは語られないまま終わりましたので、若干消化不良気味ですww

いっそ、主人公のことを見込んで、国友家の後継者に・・・なんて流れの方が、王国との微妙な関係とかと絡めて納得できたかと思えるのでありますがね(^^ゞ

<ここまで>

さてと、作品としての評価でありますが、『神聖にして侵すべからず』って辺りに関しては落ちはありましたが、なんだか期待値から比べるともう一工夫ってーか、重み付けって言いますか、そんなのが欲しかったかなぁww
瑠波攻略ってのは他のヒロイン全員攻略後にのみ可能として、作品としてのエンディングみたいに纏めて欲しかった感は個人的にします。

個人的印象としては、この手のゲーム初心者向けには結構良いシナリオだと思うのですが、条件分岐が解り難いって意味では初心者向けでは無いような、若干ターゲットを絞り込めていないような作品って感じも受けました。好みとしては澪里が良かったですか。最初は堅物キャラでしたし、そのうちデレてくれるのかとは思っていましたが、いろんな面を見せてくれるキャラでして、結構好きですね澪里みたいなキャラはww

おーっと、肝心の評価でありますが、まぁ良作ってことでww
設定的にはもちょいとインパクトある作品を期待してましたので、個人的には期待外れの部分もあったりしましたが、ま・こんなものでしょうかね(^^ゞ
お~っと、システムボイスは井村屋ほのかさんで決まりですよww

|

« ルート開拓・・・ありゃりゃ(^^; | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/53753687

この記事へのトラックバック一覧です: 『神聖にして侵すべからず』 その33 End:

« ルート開拓・・・ありゃりゃ(^^; | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その1 »