« 『七つのふしぎの終わるとき』 その22 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その24 »

『七つのふしぎの終わるとき』 その23

ふみ七つのふしぎの終わるとき
 ふみシナリオに入りました(^^)

はい、そろそろって雰囲気はございましたし、前置きからして何かあるんでしょ?ってな感じでしたから、期待通りにクリスマスのイベントでもってカップル成立となww

ふむふむ、まぁ唐突感があるといえばあるんですけど、それなりに背景を考えて見ると、ふみは今迄色恋沙汰って方向での言動は見せていませんでしたが、新聞部で孤軍奮闘していたときに、背中を任せられるような相手で、ゲームの相手になったりもして、食事の差し入れとか、タイミングを計った気配りもできて、相性の良いって感じではありましたから、それなりに納得のできる展開にはなったのではないかと思いますね。


さて、展開としては一旦優姫を交えて緊張が高まったところで、妙な前置きがあったもので、このクリスマスイベントを迎える前に何か起きるのでは?と思ったりしたのですが、どうも先送りのようでありますねぇww

<念のため反転>

ふむ、まぁ優姫と対立関係になるのは構図上やっぱりねってところなのですが、なんと言いますか、この七不思議を巡っての展開の背後にはやはり学園長の存在を感じますねぇ。ふみシナリオで何処まで突っ込んだ展開になるのかは分かりませんが、どうにも歴代学園長が何か脈々と受け継いでいるような気がしてなりません。

七穂が時計を託した自分のコピー的存在ってのも大いに気になっていますが、代替わりするにはちょっとコピーの存在意義の継続って無理があるのかなぁ。でも、少しずつ姿を変えながらその任を全うすべく裏で動いているって可能性は無きにしも非ずって気もするんですよね。深咲の存在ってのをどう扱うのかってので見え方も変わると思いますが、深咲の両親は亡くなっているって事になっていますし、ひょっとして幼少の頃に養女にしたとかありえなくも無いのでは?

それならば、七穂が現代に目覚めたときの迅速な対応も理解できます。でも、即座に時計を全て集めて、七穂の力を取り戻せるように動かないのは何故?って謎も残りますが・・・きっと何かあるよねww

<ここまで>

ふみシナリオには入りましたが、お話が急展開ってシーンはもう少し先になるんでしょうかね?

ままっ、この先の展開を楽しみに進めるとしましょうかww

|

« 『七つのふしぎの終わるとき』 その22 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その24 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/53951461

この記事へのトラックバック一覧です: 『七つのふしぎの終わるとき』 その23:

« 『七つのふしぎの終わるとき』 その22 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その24 »