« 『七つのふしぎの終わるとき』 その38 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その40 »

『七つのふしぎの終わるとき』 その39

ななみ七つのふしぎの終わるとき
 七穂シナリオ進めておりますww

うむむ。なんともまぁ、三すくみ・・・ってのとはちょっと違いますが、誰が何をどうしようとしているのか、混乱してきました。

過去から生み出された存在であるところのななみですが、今の所ハッキリとしないのはその出自だけでなく、存在そのものもどうなのかって感じですかww

うーむ、最初は皆との集合写真で、七穂だけ実像を映す事ができなかったことから、ひょっとしたら、過去七穂が時間を止めた時点から、現在を埋める存在ってのがななみで、七つの時計の力を集めて完全体になったりするのかと思ったりしていたんですが、ちょいと風向きが違う様ですね(^^;


<ネタバレ?反転>

しかし、ななみに憑依しているのか、存在の一部なのか、七穂の親族がななみと共に現在に来てしまった訳ですが、そこは怨念と血のなせる業としても、ななみの自我もちゃんとあるような気がしますね。その辺りが鍵になるんだろうか?

それにしても、七穂が生み出した自分のコピーってのはどうなっちゃたんでしょう?
        それと、ややこしい状況になってますが、
七穂が時を止めてからずっと見守って来たエリスは動くのでしょうか?

<ここまで>

さてと、この先はどうなるんだろうかねww
どうやら、七穂ななみの対決って図になりそうですが、投げやり気味な主人公もこのまま2人を放置するとは思えませんし、なんらか手を打ちつつ行動を起こしそうなものですがww

さぁ、大詰めが近付いてきました。最後は如何に締めくくってくれるのでしょう(^^)

|

« 『七つのふしぎの終わるとき』 その38 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その40 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/54101857

この記事へのトラックバック一覧です: 『七つのふしぎの終わるとき』 その39:

« 『七つのふしぎの終わるとき』 その38 | トップページ | 『七つのふしぎの終わるとき』 その40 »